日記、モバマス、Lycee、ポケモン、式姫草子等、気ままに更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイドルマスター
2012年07月06日 (金) | 編集 |
というわけで、遅ればせながら、

アニメ アイドルマスター を視聴しました。

放送当時は「またゲームのアニメ化かよ」って感じで興味がなかったんですけど、
曲を聴いたり、二次創作を見てたら徐々に気になり始め、
「見てみるか……」と思い至りました。

1話を見て、2話を見て、3話を……
気づいたら特別編までほぼノンストップで見続けてましたwww


「いや、面白いですね!アニマス!!」(この手のひらの返しようである

自分は原作ゲームとかやってないけど、二次創作でキャラの名前や性格なんかはわかってる程度の知識でした。
そんなレベルの初心者でも、わかりやすい構成になってましたし、
何より、曲がとても良く、使いどころがうまいことや、
キャラクターの魅力が十分出ていたことが印象的でした。
また、ストーリー自体は、ある意味ありきたりなものだったかもしれませんが、
みんなにスポットが当たることで、各キャラクターの魅力を十分に引き出せていたと感じました。
3~4回ガチ泣きしましたしwww

お気に入りは、
水着回+後半の伏線になる5話、
やよい宅訪問の7話、
一つの区切りである13話、
千早回の20話、
春香回の24~ラストの25話にかけてですね。

だいたいみんな気に入りましたけど、
一番はやよいちゃん ζ*'ヮ')ζ
ほぼ同率で、千早と春香
あとはもう差がないですね。
雪歩はどんどんかわいくなっていくし、あみまみちゃんは歳相応だけど微妙に成長しているのがわかるし、
真君は真前だし、いおりんのMAマジ最高!!だし、
あずささんは嫁に欲しいし、お姫ちんはご飯あげたくなるし、
響は弄りやすいし、美希は覚醒してから株上がったし……。
あ、リッチャンモ、カワイイデスヨ。

そんなわけでどっぷりはまってしまいました。
CDもアイマスファンの後輩に借りて毎日聞いてます(ぁ
ローソンでのシャイニーフェスタ告知宣伝も聞きに行ってますし、
真剣にPSPを買おうかと悩んでいるレベル(ぉ

なにより、自分が2クールのアニメを完走したことに驚きですね。
これまでなんだかんだで途中でやめてしまったりすることが多かったんですが、
続きが気になるというか、もっと彼女たちの姿を見たいと思えるような作品でした。

伏線や構成も非常に考えて作られてましたし、
私の中では、一番のアニメですね。
まあ細かく見ていくと、批評できる点もあるんでしょうけれど、
あまり気にならないくらい良かったです。


というわけで生存報告を兼ねてアニメ感想でした。
BW2も出たことだし、また育成案考えてみるかなあ……
スポンサーサイト
テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック
新アニメ 神様のメモ帳
2011年07月06日 (水) | 編集 |
というわけで、新アニメ紹介2。
今回は、神様のメモ帳

arisu.jpg

 都心の繁華街やその周辺の高校などを舞台に、普通の高校生である主人公・藤島鳴海と、雇い主である探偵アリス、探偵をサポートするニートたちが活躍するミステリ小説シリーズ。ライトノベルとしては非常に珍しく、ドラッグや暴力団といった現実的・都市的な脅威を描いている。(Wikipediaより)

kamimemo.jpg

主人公のナルミの優柔不断と言うかヘタレというかな性格も、アリスの可愛さもうまく表現されていて原作好きな自分にとってすごく満足でしたよ。
少佐・テツさん・ヒロ・ミンさん・四代目と魅力的なキャラクターもイメージ通りでしたね。

arisu3.jpg

なによりアリスがかわいいですからね!!(意味不明

初回は60分スペシャルということでしたが、飽きもこず、この世界に十分引き込まれました。
でもちょっと気になったことが一つ。

あれ? 原作通りに進まないのかな・・・?

原作を読んでると、次回予告を見た時に、「え、次それやるの?」ってなりましたね。
まあ、アニメ用に少しアレンジしてるだけなのかもしれませんが。
(それとも自分の記憶が間違ってる?)
久しぶりに読み返そうかなあ。

kamimemo2.jpg


新アニメ ロウきゅーぶ!
2011年07月04日 (月) | 編集 |
というわけで、新アニメ紹介1。
今回はロウきゅーぶ!

rou3.jpg

七芝高校に入学した長谷川昴は男子バスケ部に入部するが、部長のロリコン疑惑がきっかけで部活動停止の目にあってしまう。行き場をなくし、日々所在なく過ごしていた昴だったが、叔母の強引な誘いから小学校の女子バスケ部の臨時コーチを引き受けることになった。女子小学生たちが相手の慣れぬ環境に戸惑う昴だったが、彼女たちが抱える事情を知り、それぞれの想いを守るために積極的に活動を進めていくことになる。
(wikipediaより)

ちなみに、各キャラの名前は上画像の左から
袴田ひなた 香椎愛莉 永塚紗季 三沢真帆 湊智花

今期のロリ枠。と思ったら実はスポコンだったという罠。
まあ、自分は原作読んでるんで知ってたんですがね。
ただ、やっぱり1話で切っちゃう人多いんだろうなぁと思いながら。

rou.jpg

各キャラのボイスもイメージ通りで、絵も原作のてぃんくるさんの絵のイメージのままでしたね。
こいつら・・・動くぞ・・・!?

hinata2.jpg

中でも、ひなたがかわいい。

okasan.jpg

しかし、一番かわいいのは昴のお母さん。
CVが能登麻美子さん。こいつはすげえや。



OP、EDはメイン5人が歌う曲。
OP「SHOOT!」の作詞はKOTOKOさん
EDの「Party Love~おっきくなりたい~」の作詞・作曲は桃井はるこさん
なんだ、この豪華な布陣・・・。


ひとまず、キャスト、絵、OPはすごく良いです。
展開も原作通りなら普通に面白いんじゃないかな?
ただのロリ枠で終わらないことに期待しよう。


今期は他に、うさぎドロップ、ダンタリアンの書架、神様のメモ帳、辺りは見るかな。
電波女と青春男とネコ
2011年05月08日 (日) | 編集 |
なんかタイトルに変なの混じってますが気にしない方向で。

最近見るアニメが減ってきてるんだけども、(まあ、毎回決まった時間に視るという行為が苦手なだけだけども)、そんな中でも見てるアニメがあってですね。

それが『電波女と青春男』であるわけで。

原作は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で有名な入間人間さん。
イラストはブリキさん。(『僕は友達が少ない』とかの)
電撃文庫で8巻とSF版が出てますね。

ネコは原作は一巻の途中です。完全にアニメでネタばれ状態です(ぁ

んで、そのアニメですが、
監督         新房昭之
アニメーション制作 シャフト
またこいつらかw

オープニングはズコーって感じしかしない「Os-宇宙人」
歌:エリオをかまってちゃん ってなってますけどこれ、エリオ役の大亀あすかさんが歌ってるんですね。
神聖かまってちゃんのサウンドプロデュースで(わーお
いや、ネコはすごく好きですよこれ。軽く中毒者です(ぁ
エンディングはなんかすごくのほほーんとなってきそうな曲「ルル」
歌は やくしまるえつこさんだそうで。

そいでもって内容ですが、
さすがシャフト、絵がきれいだなあ。
そして、キャストもあってるなあ。エリオに少し違和感を感じたけど。誤差でしょう誤差。
まあ、読者おいてけぼりーにはなってないでしょう。
1話の最初の10分間くらいをやり過ごせば。
いや、いくらライトノベルのアニメ化とはいえ。
主人公の独白を10分近く見せられたら飽きるよ。青春ポイントなんて知らんがな(ぁ
そして、すごくテンポが悪い。なんぞこれってくらい。
でも、少し経つと慣れてくる。というか、1話だけが納得できない出来だった。
いや、まあ、あれ以上にどうするかなんてわからないけども。ネコには作れないけれども。

キャラも生き生きしてていいですね。
メメさんはハッスルしすぎですが。
そして、リュウコさん付き合ってください(ぇ
だって、リュウコさんめちゃくちゃかわいいじゃないか。「リュウシ」っていうとすぐ怒るとことか、髪の毛すごく気にするところとか。小動物チックなピョコピョコした動きとか。
もうリュウコさんだけいればいい(ぁ

そんなネコもいました。
でも、4話を見た時に変わりました。
リュウコさんとエリオがいれば他はどうでもいい(ぁ
エリオかわいいよエリオ。

おっと、アニメの紹介というか感想から道がそれ過ぎた?

演出的に一番好きだったのは3話の冒頭。
OP曲に入るまでの一連の流れがすごく好きですね。
随所に見えるシャフト的な演出が大好きです。


てなわけで、軽い紹介というか感想(?)を終わります。
多分、魅力が全く伝わってないと思いますが、よくわからなかった人は見てください(ぁ
そして、必ず2話までは見てみてください。
1話で切る人多いから……。

ではでは最後に、
エリオとリュウコさんはネコの嫁!!異論は認める!!
というわけで、さらばですじゃーえりーお
GOSICK
2011年01月14日 (金) | 編集 |
今期もアニメが始まりましたー。

自分が一番期待してるのは『GOSICK -ゴシック-』

vv.jpg



舞台は、1924年、第一次世界大戦後のヨーロッパ。架空の国ソヴュール王国の貴族の子弟の為の寄宿学校・聖マルグリット学園に在籍する日本からの留学生・久城一弥が、天才的な頭脳を持つ同級生の少女・ヴィクトリカと共に様々な事件に遭遇するお話。
原作は富士見ミステリー文庫から刊行され、新装版が角川文庫からも出てます。
著者は第138回直木賞受賞の桜庭一樹さん。
漫画化、ドラマCD化もされ今回アニメ化。
2クール予定で短編集の話も入るようなのでファンとしてはとても楽しみなところ。

実際に1・2話と見てみた感想としては、少し視聴者がおいてけぼりになってるかなあという感じ。
ところどころ端折ってるなあと思いながら見てました。
原作ファンからみても、キャラデザ・キャスト共に及第点以上なので今後グダグダにならないように願っておこう(まあ、ボンズなら大丈夫だと信じたい)
まあ、なにはともあれヴィクトリカがかわいいから全部OK!(ぇ

原作の方も今年中に続刊の発売が決まっており、完結するとのことなのでそちらにも期待しておこう。
終わってしまうのはすごく残念だけれども。


というわけで、アニメ紹介終了。
さすがに今年ウサギ年なんだから最初のシーンはもう少し自重しても良かったのではと思ったり思わなかったりしたネコであった。
『野兎を、走らせろ!!』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。